月別アーカイブ

在宅医療専門
くりはら訪問クリニック

スタッフブログ

時事問題

硫黄島の遺骨探索を本格着手 来春から新型レーダー投入2018年12月31日 

先の大戦で激戦地となった硫黄島(いおうとう、東京都小笠原村)で、政府が来年4月から新型の高性能レーダーを使った遺骨探索調査に着手することが30日、分かった。硫黄島では遺骨収集が難航しており、戦没者約2万1900人のうち、今も1万柱を超える遺骨が眠ったまま。島内に敷設された滑走路の地下に遺骨が多く埋まっているとみられ、新型レーダーを使って本格的に調査する方針だ。

 政府関係者によると、これまでは地下10メートル程度しか探索できないレーダーを使用していたが、防衛省が15メートル以上探索できる新型レーダーを開発、完成させた。1月からテストを始め、4月から現地に投入する。レーダーで遺骨があるとみられる地下壕(ごう)が確認されれば、ボーリングでさらに調査する。

硫黄島では、日本軍が多くの地下壕を築いて戦いを展開。面積22平方キロの島内に総延長18キロもの地下壕を構築して米軍を迎え撃った。米軍による砲撃で多くの壕は埋没している。

 平成22年度に当時の民主党政権が硫黄島での「事業強化」を表明し、収集数は一時伸びた。28年に遺骨収集を「国の責務」と記した戦没者遺骨収集推進法が成立したものの、近年の収集数は年数十柱程度にとどまっている。硫黄島の戦いで指揮を執った栗林忠道(ただみち)陸軍中将や、ロサンゼルス五輪馬術金メダリストの「バロン西」こと西竹一中佐の遺骨も見つかっていないとされる。

 遺骨収集が難航している理由の一つに、島に敷設された自衛隊機発着用の滑走路(昭和43年運用開始)の地下探索・調査が進んでいなかったことがある。

旧型レーダーでは滑走路の地下で約100カ所の反応があったが、深度や精度の点で不十分で、さらに奥深くに多くの遺骨が埋まっている可能性がある。平成29年12月に厚生労働省の職員らが、滑走路の地下約5メートルの壕から探索を実施し、地下約16メートル付近で2柱の遺骨を発見したことも新型レーダーの開発を促した。

 ただ、本格的な遺骨の発見・収集には、滑走路の移設が必要になる。移設には10年間で500億円の予算が必要なこともあり、政府は新型レーダー調査などを経て、今後数年間で移設の可否を探る。

2018.12.30 産経ニュース

戦後70年以上経ち、ようやくここまでこぎつけたのかというのがこのニュースを読んだ率直な感想です。しかしここまでこぎつけたのも、青山繁晴議員の問題提起があったからだと思います。硫黄島の戦いについては、以下の動画をご覧ください。

今、我々が平和に暮らしていけているのは、日本のために戦ってくれた先人がいたからです。どんなに費用がかかろうとも、滑走路を引きはがし、できうる限り遺骨を帰していただきたいです。

(投稿者:斉藤 揚三)

小池都知事の謝罪2017年06月18日 

「約束守れていない」小池知事、築地業者に謝罪

東京・築地市場(中央区)の移転問題で、小池百合子都知事は17日、同市場を訪れ、移転先となる豊洲市場(江東区)の土壌汚染対策が不十分だったとして業者に謝罪した。

 小池知事は、水産卸売業者や水産仲卸業者など約150人が集まった市場の講堂で、「残念ながら(有害物質を環境基準以下にする)無害化が達成されていないのは事実。皆様との約束を現時点で守れていないことについて、都知事としておわびを申し上げる」と述べ、頭を下げた。

 都は豊洲市場開場の条件として、2010年3月の都議会で、「土壌が無害化され、安全な状態になっていることが前提」と説明。11年2月にも、「無害化とは、土壌はもちろん地下水中の汚染も環境基準以下になること」と強調していた。

読売新聞 6/17(土) 13:49配信

小池都知事になって迷走を続けた築地市場の豊洲移転問題ですが、遅きに失した感がありますが、ようやく収束に向かおうとしているのはなによりです。
小池都知事は、豊洲が無害化できていないことを謝罪したとのことですが、すでに豊洲が科学的に何ら問題がないことは明らかになっています。
小池都知事が謝罪すべきなのは、豊洲に風評被害をもたらしたこと、10か月間の迷走により、豊洲の維持費と業者の保障にすでに100億円超の金銭上の損失が生じていること、環状2号線の工事がストップしオリンピックの開催に影響が生じていることです。謝罪のポイントが巧みにずらされています。
結局、小池都知事の人気取りのパフォーマンスのために、ただただ混乱が生じただけだったのです。それに乗っかていたマスコミも同罪です。
これからもこういった、中身がなくパフォーマンスに終始する政治家(政治屋)が出現すると思われますが、その場の空気に流されることなく、物事を論理的に考え、騙されないようにするしかありませんね。

(投稿者:斉藤 揚三)

〇〇第一主義2017年04月26日 

トランプ大統領やフランス大統領選に出馬しているルペン党首における自国第一主義、日本では小池東京都知事による都民ファーストの会など、今世界では〇〇第一主義が席捲しています。そもそも国民の生命・財産を守るのが、国家の第一義なわけですから、自国第一主義というのは、国家の成り立ちを考えれば当たり前のことです。各国の国益がぶつかりあうのが国際社会であり、話し合いで解決することが無理であれば、それを解決するための紛争や戦争は避けられないと思われます。アメリカが北朝鮮を攻撃しようとしているのも、北朝鮮がアメリカまで届く核ミサイルを持とうとしたからであり、決して日本を守るためではなく、アメリカの国益のためだからです。しかし、平和ボケしている日本ではそのことが理解されず、さらにはどこの国のことを第一に考えているのかわからないようなマスコミや政党まで存在する始末です…

さて、ここまでが前置きで、当院では開院時より患者さんを第一に考え(患者さん第一主義で)診療してきました。これからも、世界がどう変わろうとも、患者さんを第一に考え行動して参ります。

(投稿者:斉藤 揚三)

北朝鮮によるミサイル攻撃に備えて2017年04月16日 

テレビではほとんど報道されていないようですが、今後、アメリカによる北朝鮮への攻撃が現実味を帯びてきています。その場合、北朝鮮による報復攻撃として、日本も対象になってきます。その場合、どこが狙われるのかというと、米軍基地のある場所や原発のある場所が想定されています。また、ミサイルの精度が悪いため、日本のどこに落ちてもおかしくないとも言われています。東日本大震災の際に、想定外の津波で甚大な被害が出たことを教訓として、あらゆる事を想定していかなければなりません。自分の住んでいる地域にミサイルが落ちてきたらどうすればよいのか。2017/4/14 虎の門ニュースの武田邦彦先生の解説をまとめてみました。

 北朝鮮が日本にミサイルを打ってきた場合Jアラート」(全国瞬時警報システム)が鳴ります。警報音を聞きましたが、非常に不気味な音です。
Jアラートが鳴ってから35分でミサイルが着弾すると言われているので、その時間でどこに逃げるかが問題です。

核爆弾の場合

・鉄筋コンクリートの建物の中で窓から離れた場所が安全 木造は全部だめ 地下は安全だが、時間的に移動が無理な場合はビルの中が良い
・核爆弾は最初の一撃で死ななければ、放射能は少ない
・核爆弾は200キロトン(広島の10倍)を想定(※この想定は間違っているようで、せいぜい数十キロトンのようです) 放射能は福島原発の1/10程度でたいしたことはない
・衝撃波がきてから2-3分経てば大丈夫 風向きを見て風上に逃げる 放射能は風下に向かう

サリンの場合
・皮膚についた場合が問題なので外にいなければ100%大丈夫
・サリンと分かったら1日くらいは外にでない

(投稿者:斉藤 揚三)

このページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください 在宅医療専門 くりはら訪問クリニック