月別アーカイブ

在宅医療専門
くりはら訪問クリニック

スタッフブログ

その他

風邪に総合感冒薬やうがい薬を使ってよいのか?2018年12月03日 

風邪のシーズンがやってきました。

患者さんから「総合感冒薬を使ってよいか?」と聞かれることがよくあります。

結論から言うと、使うことはオススメしません。

というのは、総合感冒薬の中には、鼻汁を減らすことを目的としてなのか、抗ヒスタミン薬が入っていることがほとんどだからです。

抗ヒスタミン薬には抗コリン作用があり、抗コリン作用によって、眠気が強くなったり(傾眠)、ふらついて転倒したり、おかしな行動をとったり(せん妄)、尿がでなくなったり(尿閉)することがあります。

特に高齢者では上記の副作用がでやすいので注意が必要です。

そのため当院では風邪の方には、主に漢方薬を処方しています。

また、「イソジンなどのうがい薬を使ってもよいか?」という質問もよくありますが、これは以下の点からオススメしていません。

うがい薬は消毒薬と同じですが、病原菌を殺すだけではなく、常在菌も殺してしまいます。そうすると、消毒薬に耐性のあるさらに強力な病原菌がはびこることになります。

また、うがい薬自体には組織障害性があり、正常な組織を傷めてしまいます。

つまり、うがい薬を使うことは、せっせと喉を傷めつけているようなものなのです。

そもそも、うがいが風邪の治療や予防にどの程度効果的なのかは議論のあるところです。それでもうがいをしたいという人は、うがい薬を使用せずただの水道水で行った方がいいとは言えるでしょう。

(投稿者:斉藤 揚三)

インフルエンザの予防接種2018年10月17日 

本日はとある介護施設に訪問して、職員の方40名ちかくに一斉に、インフルエンザの予防接種を行いました。

インフルエンザの予防接種には、インフルエンザの発症を防ぐ効果と、発症したとしても肺炎などの重症化や入院、死亡を防ぐ効果があります。

インフルエンザに罹った際に重症化するリスクが高い人は、高齢者、妊婦、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息、心不全、腎不全、糖尿病、免疫不全の方などがあげられます。

つまり、これら重症化するリスクが高い方、また、リスクが高い方と一緒に生活している家族や接触する頻度が高い医療・介護職の方は、特にインフルエンザの予防接種をお勧めします。

(投稿者:斉藤 揚三)

死亡診断書にまつわる話2018年08月16日 

以前、役所の方に、私が書いた死亡診断書に不備があり受理できないと言われたとのことで、ご遺族がクリニックに死亡診断書を持ってやってきたことがありました。

ちなみに、死亡診断書の不備でよくあるのが、午後に看取った際に、午後1時と書くべきところを、午後13時と書いてしまうというのがあります。

さて、どこに不備があったのか聞いてみると、「自宅の住所が宮城県から書かれていない」とのことでした。

それまでは、市から書き始めて、問題になったことはありませんでしたので、非常に驚きました。

死亡診断書の記入マニュアルにも住所を県から書かなければならないなど書いてありませんし、厚生労働省に問い合わせてみたところ、県から書かなければならないという決まりはないという回答ももらいました。

○○市というのが、2つあるというならいざ知らず、県から書かなけらばならない合理的な理由が見つかりません。

こんなくだらないことのために、ご遺族がわざわざ役所とクリニックを行ったり来たりしていて、無駄な労力を使わされているのです。

これにはかなり頭にきて、役所の方と論戦してもよかったのですが、それこそ無駄な労力になると思い、なんとか怒りをしずめて、宮城県を追記しました。

このことがあって以降は、県から書くようにしています。

(投稿者:斉藤 揚三)

手荒れにハンドクリーム!?2018年07月17日 

手荒れにハンドクリームを使っている方は多いと思います。
ハンドクリームを塗ると、手がすべすべしていかにも皮膚が守られているように感じます。
しかし、実際はそのハンドクリームがさらに手荒れをひどくしていたとしたら、どうしますか?

論理的に説明します。

水と油は混ざらないため、混ぜるには界面活性剤が必要です。また、この水と油を混じりあった状態にすることを乳化といいます。クリームは合成界面活性剤です。クリームが軟膏に比べて塗りやすく、べたつかないのも水分が含まれているからです。しかし、クリームを皮膚に塗ることで、皮脂が乳化し、汗や手洗いなどで皮脂が洗い落とされてしまいます。皮膚を守っている皮脂がなくなると、乾燥が進み、さらに手荒れがひどくなります。ハンドクリームを手に塗るという行為は、科学的には石鹸を手に塗って洗わないことと同じです。石鹸を手に塗って洗わなければ、すべすべの肌になるかもしれませんが、そんなことをする人はいないはずです。

では、手荒れにはどうしたらよいかですが、まずは皮脂をできるだけ落とさないことが大切です。手洗いの際はできるだけ石鹸を使わないようにし、汚れが強いとき以外は水のみの手洗いを推奨します。さらにワセリンを塗るとよいです。ワセリンは皮脂と同じではありませんが、ある程度の代わりにはなります。ワセリンの欠点としてはべたつくことがあげられますが、ワックスがけの要領で、塗った後にすぐにティッシュでふき取るとよいです。これを1日に何回も行います。

さらに手荒れがひどい方は、ワセリンを塗った後に、プラスチック手袋をはめるといいです。手袋をつけると、手指全体を湿潤環境に保つことができ、治りが早くなります。ちなみに、友人のS先生は、プラスチック手袋を付けた状態で外出していましたが、かなり目立つので、自宅でのみ行うのがオススメです。

(投稿者:斉藤 揚三)

仙台駅 シャボン玉2018年06月29日 

今日は私用で仙台に行ってきましたが、仙台駅で巨大なシャボン玉を作っている外人さんがいました。通りがかりの人が歓声を上げていました。

無題

無題1

日本を旅行しているようですが、なるほど、それほど技術はいらず、手っ取り早く稼ぐにはいいやり方だなあと妙に納得しました。

(投稿者:斉藤 揚三)

高齢ドライバーの重大事故に思うこと2018年06月04日 

平成30年5月28日、神奈川県茅ケ崎市で90歳の女性が交差点で4人をはね、死傷させるという事故が起こりました。

昨今、高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違いや、高速道路の逆走などによる重大事故のニュースがたびたび報道されます。

背景には、高齢に伴う認知機能の低下が大きく関与していると思われます。実際に平成29年に交通死亡事故を起こした75歳以上のドライバーのうち、検査を受けた385人の49%にあたる189人が、認知症や認知機能の低下があると判定されたそうです。平成29年に施行された改正道路交通法では、75歳以上の運転手は3年ごとの免許更新時に認知機能検査を受け、認知症の恐れがあると判断された場合、医師の診断が義務化されました。認知症と診断されれば、運転免許は取り消しになります。

しかし、冒頭の事故のケースでは、認知機能検査では問題なしだったようです。認知機能検査だけでは、事故は防げないことになります。

報道では決してされませんが、私は仕事柄、事故を起こした方の服薬状況が気にかかります。認知機能を低下させる薬を内服していなかったかどうかです。特に問題となるのはベンゾジアゼピン系睡眠薬や抗精神病薬などです。こういった薬の中で、効果が長く持続する薬(医学的には半減期が長い薬)を内服していなかったか、あるいは高齢者は薬の代謝が落ちているので、就寝前に内服した薬の作用が次の日まで残っていなかったかなどです。

こういった事故が起こるたびに湧き上がる議論として、一定の年齢になったら一律に運転免許を返納すべきではというものがあります。そうすれば確かに交通事故は減らせるでしょうが、これは暴論と言えます。というのも70歳で認知症の方もいれば、90歳で何の問題もない方もいて、高齢者は個人差が大きく年齢でひとくくりにできないからです。また、田舎では特に車がないと生活が成り立たなくなっており、高齢者の死活問題になってきます。

この問題は簡単に解決できるようなものではなく、社会全体で考えるべき問題ですが、医師ができることは、できるだけ認知機能に影響するような薬を処方しないことだと思います。認知機能に影響を及ぼすとされている薬のリストを載せておきます。秋下雅弘先生のスライドより抜粋しました。

2018-06-03_23h03_38

(投稿者:斉藤 揚三)

ツバメの巣立ち2018年06月02日 

今日、巣をみてみると、ツバメが全くいなくなっていました。

昨日は巣の中にいたので、今日巣立っていったのだと思います。

昨日の写真↓

無題

無事巣立っていって良かった半面、毎日、楽しみに見ていたのでさみしい気分です。

また来年、戻ってきてもらいたいです。

本日のツバメ2018年05月27日 

クリニック生まれのツバメもすくすくと育っています。

今日は、親がエサをあげるところの撮影に成功しました。

ツバメの写真2018年05月21日 

当院の玄関の上に毎年ツバメが巣を作っています。今年も作っており、ヒナも順調に育っています。

本日、写真を撮ってみました。
securedownload1

動画も撮ってみました。

夕方の風景2018年05月04日 

GWも後半になってきましたが、当院は本日も訪問診療をしています。

GW中に、田んぼに水が張られてきました。これから田植えが始まろうとしています。水が張られた田んぼの風景もきれいです。 

無題2

 

このページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください 在宅医療専門 くりはら訪問クリニック