月別アーカイブ

在宅医療専門
くりはら訪問クリニック

スタッフブログ

月別アーカイブ:2018年12月

未来年表 人口減少危機論のウソ2018年12月10日 

『未来年表 人口減少危機論のウソ 髙橋洋一  扶桑社新書』

51cEF2fV+AL._SX305_BO1,204,203,200_

この本は、ベストセラーとなった、「未来の年表(講談社現代新書)」を意識して書かれていると思われます。「未来の年表」は、将来の日本の人口を予想し、未来に起こりうることが年表として書かれており、どちらかというと将来の人口減少に対して不安をあおるような内容でした。一方、本書では「未来の年表」に書かれている事態は想定内のことで、特に問題はないと述べています。

人口減少は必ずしも不幸な事ではないといった根拠として、人口増減率と経済成長率は相関がない、デフレと人口減少も無関係、人口減少で社会保障は破綻しない、といえるデータを示しています。

興味深かったのは、出生率は政府がコントロールできないというところです。政府が出生率をコントロールできるとしたら、中国の「一人っ子政策」のように強制的に減らすことだが、それも民主主義の日本では無理。増やすようにするには、婚外子を認めるか、人工中絶を禁止するなどの政策が考えられるが、そこまでする必要があるのかというのが筆者の考えです。

確かに、人口が減ればそれだけ需要が減りますが、供給側も同じように減るので(つまりライバルが減るということ)、生き残っていけるというわけです。そもそも人口が増えようが減ろうが、駄目なサービスは駄目なわけで、人口減少危機論に惑わされず、今の自分の仕事に集中するほうがベターです。

本書を読んで、将来の人口減少をことさら不安視しなくてよいと分かり、少し明るい気持ちになりました。

(投稿者:斉藤 揚三)

風邪に総合感冒薬やうがい薬を使ってよいのか?2018年12月03日 

風邪のシーズンがやってきました。

患者さんから「総合感冒薬を使ってよいか?」と聞かれることがよくあります。

結論から言うと、使うことはオススメしません。

というのは、総合感冒薬の中には、鼻汁を減らすことを目的としてなのか、抗ヒスタミン薬が入っていることがほとんどだからです。

抗ヒスタミン薬には抗コリン作用があり、抗コリン作用によって、眠気が強くなったり(傾眠)、ふらついて転倒したり、おかしな行動をとったり(せん妄)、尿がでなくなったり(尿閉)することがあります。

特に高齢者では上記の副作用がでやすいので注意が必要です。

そのため当院では風邪の方には、主に漢方薬を処方しています。

また、「イソジンなどのうがい薬を使ってもよいか?」という質問もよくありますが、これは以下の点からオススメしていません。

うがい薬は消毒薬と同じですが、病原菌を殺すだけではなく、常在菌も殺してしまいます。そうすると、消毒薬に耐性のあるさらに強力な病原菌がはびこることになります。

また、うがい薬自体には組織障害性があり、正常な組織を傷めてしまいます。

つまり、うがい薬を使うことは、せっせと喉を傷めつけているようなものなのです。

そもそも、うがいが風邪の治療や予防にどの程度効果的なのかは議論のあるところです。それでもうがいをしたいという人は、うがい薬を使用せずただの水道水で行った方がいいとは言えるでしょう。

(投稿者:斉藤 揚三)

このページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください 在宅医療専門 くりはら訪問クリニック