月別アーカイブ

在宅医療専門
くりはら訪問クリニック

死亡直前の徴候について

2018年06月11日 

患者さんが看取りの時期に入った時に、いつごろ亡くなりそうなのかを予測することは大事です。なぜなら、最期に合わせたい方がいる場合に合わせることが出来きますし、御家族の心の準備もあります。

診察時には、毎回バイタルサインを測定しますが、亡くなる当日までバイタルサインは正常の事が多いので、予測には使えません。

今までの経験による第6感に頼ることもありますが、予測するのはとても難しいです。

森田達也先生が、死亡直前に起こる徴候が出現してから死亡するまでの時間(平均値)を調べています。

死前喘鳴 57時間

下顎呼吸 7.6時間

チアノーゼ 5.1時間

橈骨動脈触知不可 2.6時間

これをまとめると、下顎呼吸・チアノーゼ・橈骨動脈触知不可がみられる場合には、その日の内に亡くなる可能性が高いということになります。

しかし、こういった徴候がみられないからと言って、「今日は大丈夫」と言うこともできません。というのも、死亡直前に必ずこういった徴候が現れるとも限りませんし、約2割の方は急な病態の変化で亡くなるからです。

(投稿者:斉藤 揚三)

このページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください 在宅医療専門 くりはら訪問クリニック